テンポの遅い曲もやっぱり難しい

亀.png

昔からテンポの速い曲を弾くのが苦手で、ゆっくり練習から初めて
徐々にスピードを上げて練習しても、ある一定のラインから
どうしても指が回らなくなってしまいます。

速い曲が苦手ならゆっくりな曲だったら弾けるかというと
これはこれで凄く難しくてなかなか思うように弾けません。
(結局どっちも弾けない・・涙)

特にヴァイオリンでゆったりした曲を弾くとき、
譜面上は白玉が多くて音符がスカスカだと、
一見凄く簡単な曲に見えたりしてもするのですが
それらの音をロングトーンで綺麗な音色で弾くのが凄く難しくて
ワンフレーズの音色をいろいろ試行錯誤しているうちに
その日の練習が終わってしまったりします。

例えば譜面上では「レ」の音として記載されているとしても
歌手が歌うと、元々の声質とか発声法で聞こえ方がまったく異なるように
ヴァイオリンも、楽器本体のポテンシャルや右手のボーイング、
左手の抑える位置やビブラートなんかで、本当にいろんな音が出ます。

なかなか思うように弾けないとイライラして
つい道具(ヴァイオリンや弓)や環境(気温とか湿度)に
責任をなすりつけたりするのですが、たまに先生が
自分の楽器で弾くと凄くまろやかでいい音が出るですよね(苦笑)

ヴァイオリンに限らず楽器の演奏というのは、
知れば知るほど、繊細で奥が深すぎる世界なので、
時々虚無感に襲われたりもしますが、
それでもまた鼻息荒くチャレンジしたくなるのは
やっぱり基本かなりのドM気質なんでしょうwww

ヴァイオリン人気ランキングはこちらです(^_^)/
ピアノの人気ランキングはこちらです(^_^)/



"テンポの遅い曲もやっぱり難しい"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: