弓のスピード調整

一輪車.png

最近ヴァイオリンのレッスンで、自分では早く弓を動かしているつもりでも
「もっとキレッキレに動かして」とアドバイスされました。

弓の速度を早くすると、弓圧が少なくて音が弱くなったり
逆に弓圧をかけすぎて音が乱暴に聞こえたりと
微妙な弓圧の調整がうまくいかなくて
なかなか思った通りに弾けなかったりします。

初心者の頃は(今もそうですが・・)ひとつのフレーズを弾く場合、
まずは何よりも左手の音程に気をとられるので、右手はあまり意識がいかず
同じ弓速で弾いてしまいがちでしたが、最近は頻繁に右手の動かし方を注意されます。

例えば4分音符4つでワンフレーズだった場合、楽譜に特に指示がなくても
同じ音色で弾くのか、1つ目の音の弓速を早くするのかでニュアンスが変わって
そういった細かい弾き方の違いの積み重ねが、初心者演奏からワンランクアップする
ための秘訣だと意識してはいるのですが、なかなか思った通りには弓のコントロールができません。

先生からは「フレーズを口で歌ってみるとできているのに、ヴァイオリンだと棒読みになるね」
「今はまだ慣れないから頭で考えて動こうとするのでぎこちなくなるけど、
繰り返していると自然にできるようになる」と言われるので、苦手ではありますが
繰り返し練習を続けていくことで、いつの間にか意識せずにできるようになりたいです。

ヴァイオリン人気ランキングはこちらです(^_^)/
ピアノの人気ランキングはこちらです(^_^)/


この記事へのコメント