ジャズは良くわからないけど

サックス吹く人.png

子供の頃からピアノを習っていているにもかかわらず
たまたまピアノを弾く機会があったときに
「楽譜がなければ何も弾くことができない」経験が
ジャズピアノを始めたきっかけのひとつです。

もともとジャズという音楽が好きとか、詳しいとかいうわけではなく
ただなんとなく「お洒落だな」という雰囲気に憧れただけだったので
具体的にどのアーティストや曲が好きとかいうのはありませんでした。

そのうちジャズピアノの先生から
「ジャズを弾きたいんだったら、まずジャズを聞かないと」と言われて
とりあえず有名どころのジャズピアニストの曲を聞き始めました。

ただ有名どころのジャズピアニストは、弾いている事が複雑すぎて
何をやっているのかさっぱり分からないという感じで
「楽譜なしでお洒落にさらっと弾ければ」という私のささやかな
願望とはかけ離れた演奏だったため、ジャズという音楽に慣れるための
観賞用という位置づけでした。

レッスンを続けていくと、やがて徐々にジャズという音楽が
どういう構造で演奏がされていかが理解できるようになってきて
基本的な聴き方が分かるようになってきました。
(ただフリーとかコンテンポラリーとかはさっぱり分かりません)

とはいえ、やっぱり根本の「楽譜なしでお洒落にさらっと弾ければ」という
願望はあいかわらずで、それを実現するためには
ジャズという枠組みが一番向いているという理由で続けてました。

「音楽の新しい表現の追求」とか「魂の演奏」とかにはまったく興味がなく
本当に単純で俗な動機なので、本気でジャズを好きな人の前では
「ジャズが好きです」と胸を張っては言えないという自覚があります。
(まぁわざわざそんな宣言をする必要ないですがwww)

ただ、他にもジャズピアノを始めて良かったなと思うのは
いろんな楽器と気軽に演奏できるセッションという場がある事です。

一人で演奏するのとは違う新たな楽しみがあるので、
(他の楽器の方とのカルチャーショックもあったりします)
ジャズピアノはこれからもボチボチ続けいきたいと思います。

ヴァイオリン人気ランキングはこちらです(^_^)/
ピアノの人気ランキングはこちらです(^_^)/


この記事へのコメント