何度もへこんで嫌になっちゃったりしながらもレッスンは続く

最近ヴァイオリンのレッスンで同じような事ばかり注意されているような気がしています。

ちょっと前までは

右手:まっすぐボーイングのためのヴァイオリンの構えや弓の位置、弾く場所
左手:ポジションや移弦、音程

といったヴァイオリンを弾く上での基礎的な技術を、何度も身につくまで注意してもらってました。

基礎的なレベルであっても、どれかひとつがましになったら、別のところがおろそかになるといった感じで
本当に牛歩で螺旋階段を上るような超スローペースな進捗だったので、何度も嫌になったりへこんだりしてました。
(先生にも根気強く対応してくださいました)

ただこれらはスポーツに例えると、素振りやキャッチボールといった個別の基礎技術力向上が目的なので
課題が明確な分、時間をかけて反復練習すれば徐々にではありますが慣れていく感じです。

そういった地味練をひたすら続けているうちに、自分でも気づかないうちに
無意識でボーイングがまっすぐになったり、左手の音の位置を把握できたりするように
なっていました。(音程自体は全然まだまだですが・・・)

で最近のレッスンでは、もうあまり基礎的なレベルでの注意はなく
変わりにpp~ffまでの音量コントルールや、1音ずつの音の弾き方といった
右手の表現に関する注意に変わってきています。

こちらの意識は依然として「基礎レベルでいい感じに弾けた」という感じだったので
先生にお褒めの言葉なんかいただけるかなー的な浮かれ感覚だったのですが
先生からすると「ようやく音楽の話ができる最低限の技術は身についた」レベルなので
褒めるどころか、突っ込みどころが山のようにあるようで駄目出しオンパレードです(;゚Д゚)

ここからがいよいよ本番っていうのは重々分かってます・・・
分かってはますが、褒めてもらって伸びるタイプの子なので、たまには褒めてー!!
(最後はただの愚痴ですww)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

この記事へのコメント