セミの声とビブラート

梅雨が明けたと思ったら一誠にセミが泣き始めました。
いよいよ夏本番といった感じです。

前回のヴァイオリンレッスンから
ビブラートの基礎練習が課題に追加されたので
最近音階を使ってビブラートに取り組んでいます。

ただどんなビブラートをかけると素敵に聞こえるのか
自分の中でイメージがまだまだつかめていないため、
ただただ音をウィーウィーと揺らせるようになっても
実際の曲では全然ぱっとしません。

毎日ああでもないこうでもないと試行錯誤しているうちに
通勤時に聞こえるセミの「ミィンミィン」や「シャァンシャアン」という声が
ビブラートに聞こえてきてしまいました。

一度そう聞こえちゃうと練習でのイメージも「ミィンミィン」と
セミビブラートになってしまい、虫嫌いの私としてはかなりやばい状態ですww

ツクツクボウシなら大丈夫だと思うので
なるべく早くこのセミ達の大合唱の時期が終わってほしいです

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

この記事へのコメント