苦手なビブラート

ヴァイオリンで唄うために必須のテクニックのビブラートですが
なんだか凄く自分の感性というかセンスを問われているみたいに思えて
未だにかけるのがちょっと恥ずかしかったりします。

私の場合、「新しいヴァイオリン教本3」でアヴェマリアを弾くときに初めて
正式にレッスンでビブラートを教わりました。

それまでもYouTubeなんかを参考にしながら
こっそり自己流で練習したりはしてたのですが、
いざ実際に曲のなかで使うとなる
むやみに音を震わせているだけのダメダメ状態でした。

とにかく最初はヴィヴラートをかけるのに必死すぎて、
単に規則的に音程をウィーウィーと揺らしているだけで
音を広げて遠くまで響かせるイメージで弾くという意識がありませんでした。

最近ようやく少しづつ慣れてきてはいますが
未だに人差し指と小指はうまくかかりません。

先生には「ビブラートをかけること自体が目的ではないので、
音が綺麗に響いているかよく聞くように」と注意を受けるので、
できるだけおおげさな演歌調にならないようにこころがけています。

それにしても、YouTubeで同じ曲の演奏を聞いても、まるでグラデーションのように
濃厚ビブラートから薄め自然ビブラートまで様々あって
「これはもしかすると演奏者の性格かな?」と想像したりして面白いです。

とはいえ実際のところはビブラート以前に、まずは曲を正しい音程でとリズムで弾けるように
するところで躓いているのですが(+_+:)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

この記事へのコメント