苦手なスタッカート

ただいまカイザー18番のスタッカートで苦戦中です。

過去のレッスンで何度もスタッカートの弾き方の注意を受けていますが、
自分ではスタッカートで弾いているつもりでも、どうもそうは聞こえてないようなので
もう一度スタッカートの弾き方の基礎練習しています。

私はついつい弓圧をかけて解放する感じで弾いてしまいがちなのですが、
(もしかすると、奏法としてそういう弾き方もあるのかもしれませんが)
そうではなく弓の初速を早くすることで鋭く弾くようにとのことです。

まずは遅いテンポのメトロノームに合わせて、1音ずつなるべく駒寄りで弓を素早く動かし
(音のイメージとしてはカッ、カッ、という感じ)
スタッカートなので、次の音符との間をあけるというのを連続して弾きます。

この1音ずつ適切な弓圧で「鋭く」「早く」弓を動かし続けるというのがどうにもしんどくて
カイザー18番の後半になると集中が途切れて鋭さがなくなってきてしまいがちです。

左手の音程、右手の弾き方、それぞれ課題があってなかなか思い通りにいかないですが、
できるだけ毎日練習して、特別意識しなくてもスタッカートが弾けるように
右手の弓の感覚を会得しようと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ





この記事へのコメント