相棒のピアノ

私が現在所有しているYAMAHAのアップライトピアノは2代目になります。

初代のピアノは4歳の時に買ってもらったYAMAHAの黒のアップライトです。
両親はまったく楽器は弾けないので、どういう経緯でそのピアノを選んでくれたのかは不明ですが
それから約40年程ずっと実家で一緒に生活してきました。

社会人になってからも、実家に帰った際にときどき弾いたりしてたのですが、
いかんせんピアノってテレビのある居間に置いてあるので、
弾き始めると音がうるく誰もくつろげなくなってしまうのと
他に誰も弾く人がいないので、ほぼ本棚化していた事もあり
最終的には手放してしまいました。

2代目は防音室を購入した際に、これまた同時に衝動買いしてしまいました・・

ただ衝動買いとはいっても、以前からずっと
「自宅にピアノが欲しいけどマンションだし、電子ピアノで代用可能」と
自分に言い聞かせて、封印していたはずの欲望の扉の鍵が
経年劣化ついにでぶっ壊れてパッカっと全開してしまったという感じです(笑)

防音室を購入した楽器店で、中古ピアノの展示会をしていて
いろいろ弾き比べたのですが、ヴァイオリンの時と同様に
どれもそれなによかったので決め手にかけました。
最終的には、これまたヴァイオリンの時と同じくまたしても「見た目」で決めちゃいましたw

実は既に会場に入った瞬間から、黒いピアノの中に挟まれていた
明るい木目(いわゆる北欧風)のピアノが気になっしょうがなかったのですが
「いや、ピアノは音が命!」と思い一通り弾いて確認しました。

実際に指弾してみると、YAMAHAは全体的にキラキラした感じで(特に高音部)
聞きなれた実家のピアノと同じイメージだったのに対し
Kawaiは落ち着いた感じの音が新鮮で、聞いてて疲れない感じだったので
大人になった今はそちらの方が好みかもと思ったりもしましたが・・・

結局、他のお店を見て回ることもなく、結構な予算オーバーだったにもかかわらず
第一印象重視で明るい木目色のピアノ購入しましたww

ヴァイオリンもそうですが、私は濃いめの重圧な色より
明るくポップな感じの色にどうしようもなく惹かれてしまうようです。

ただ実際はリビングとかではなく、狭い防音室に設置するので
特にピアノの色にこだわる必要はなかったかもなのですが
それでもやっぱり自分が気に入ったものが自宅にくるのが
嬉しすぎて、配送される日が待ち遠しくて前日寝付けなかった位です(子供か!)

この記事を書いていると、またピアノ展示会にいっていろんなピアノを弾いてみたくなりました。
(ピアノ好きの人なら、きっとあのいろんなメーカーのピアノが並んでいるのを見た時の
ワクワクを共感してもらえるかなと思います)

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

この記事へのコメント